楽天モバイルの「スーパーホーダイ」がデータも電話も使い放題で3,000円?!

格安SIM
この記事は約5分で読めます。

どうも、「スーパーホーダイ」ってなんか口にするのが恥ずかしいべこ(@bekorog)です。

今回は、

「10ギガじゃ足りない!」
「もっとギガをよこせ!」
「そして安くしろ!」

という無茶な要求を叶えてくれる、楽天モバイル「スーパーホーダイ」をご紹介していきます。

このスーパーホーダイは、少し速度が遅い代わりに、低価格でデータが使い放題なのが特徴です。

もし、あなたがWi-Fiとスマホ代で高い料金を払っている場合、このスーパーホーダイで大幅に節約することも可能です。

もちろん、デメリットも色々とありますので、今回はその辺りを詳しく紹介していきたいと思います!

スーパーホーダイはこんな方にオススメ!

  • 動画やマンガ、音楽アプリをよく使う
  • 電話を掛けることが多い
  • お昼休みや帰宅ラッシュではスマホを使わない
  • 楽天市場をよく利用する
スポンサーリンク

スーパーホーダイのメリットと注意点

スーパーホーダイのメリット

  • 低速モード(1Mbps)がデータ使い放題
  • 10分かけ放題付き
  • バースト転送で、低速モードでも比較的快適
  • テザリングも使い放題
  • 支払いに楽天スーパーポイントが充てられる
  • 楽天市場のポイントが2倍
  • 口座振替に対応している

スーパーホーダイの注意点

  • 12時~13時と18時~19時が速度制限(300Kbps)
  • 高速モードが速くなるのは夜中だけ
スポンサーリンク

スーパーホーダイの詳細

 1年目料金2年目料金高速モードデータ量
プランS1,480円(980円)2,980円2GB
プランM2,480円(1,980円)3,980円6GB
プランL4,480円(3,980円)5,980円14GB
プランLL5,480円(4,980円)6,980円24GB
低速モードは全プラン使い放題。
プランS以外を選ぶメリットはなし
()内の料金はダイヤモンド会員価格。1年目500円引き

やや低速(1Mbps)でデータ使い放題

スーパーホーダイには「高速モード」と「低速モード」という2つのモードが存在します。

高速モードは契約ギガ数を消費して通信する言わば普通のモードで、低速モードというのは速度が制限される代わりにデータを無制限に使えるモードのことを言います。

スーパーホーダイの一番のメリットが、この低速モードデータ使い放題という点で、モードの切り替えは楽天モバイルアプリから簡単に行うことができます。

では、この低速モードが実際どれくらいの速度なのかが気になるところですよね。

公式サイトには以下のように書かれています。

スーパーホーダイ

引用:楽天モバイル「スーパーホーダイ」

アプリを急いでダウンロードしたい時だけもしかしたら困るかもという感じですね。

動画はYouTubeであれば720p(HD画質)の高画質でギリギリ止まらずに見ることができるので、スマホで見る分には問題ありません。

お昼と夕方は速度制限が掛かる

これがスーパーホーダイの1番の注意点

平日の12時~13時と18時~19時、この2時間に関してはさらに遅い300Kbpsという速度に制限されます。

この速度だと、LINEの電話やメッセージのやり取りぐらいしか快適にできないので、スマホは基本的に使わないつもりでいた方が良いです。

テザリングも使い放題

先ほど説明した低速モードの状態であれば、テザリングも使い放題です。

ただし、パソコンはスマホよりもたくさんデータを使うので、スマホより速度の快適さは下がります。

1ヶ月の間で数日しか外でパソコンは使わないということであれば、スーパーホーダイのテザリング運用で問題ないと思います。

もし、毎日のように外でパソコンを使うのであれば月3,000円~4,000円でモバイルWi-Fiを借りた方が良いかもしれません。

高速モードは夜中以外速くない

高速モードなんて名前が付いてはいますが、日中はほとんど低速モードと速度が変わりません。

上の料金表にプランS以外選ぶ必要はないと書いた理由がこれです。

そもそも高速モードが高速じゃないので、そこのデータ容量の差にお金を払う価値はありません。

強いて言えば、夜中の23時~8時の間は高速モードが割と快適な速度になります。

10分何度でもかけ放題

データ通信の話ばかりになってしまいましたが、電話をよく使う方にとっては結構嬉しいポイント。

ただし、この10分かけ放題は「楽天でんわ」という電話アプリから掛けた場合に限るのでその点だけご注意ください。

10分かけ放題を外してその分安くするといったことはできません。

楽天市場でポイント3倍

楽天モバイルユーザーは、楽天市場のお買い物でもらえるポイントが3倍になります。

楽天カードで支払いをすればさらにポイントをもらえるので、楽天市場で常時6%~10%ぐらいポイントがもらえるようになります。

ポイントバック込みで考えればAmazonより安くなることも多く、楽天モバイルユーザーは楽天市場での買い物がオススメです。

その他の特徴

支払いに楽天スーパーポイントが使える

楽天市場や楽天カードで貯めたポイントで、毎月の引き落としを実質0円にすることも可能です。

また期間限定ポイントも使えるので、キャンペーンで大量にGETした時も有効期限に困ることが減ります。

ダイヤモンド会員は毎月500円引き

こちらは、楽天系のサービスをよく利用されている方だけ気に留めればOKです。

楽天はポイント獲得回数獲得したポイント量によってランクが上がる制度があります。

最上位のダイヤモンド会員になると、楽天モバイルの基本料金が1年間500円引きになるのですが、条件はそこそこ厳しいです。

条件は、半年間で30回以上獲得かつ4,000ポイント獲得すること。

達成するコツとしては

  • 楽天スーパーDEALでポイント大量還元を狙う。
  • コンビニなど楽天ペイ加盟店で支払いをする。(1決済につき1カウント)
  • 楽天ポイントカード加盟店でポイントを貯める。(1決済につき1カウント)
  • クレジットカードの引き落としを楽天銀行にする。(引き落とし件数につき1カウント)

などがあります。

既にゴールドやプラチナ会員の方は、ダイヤモンド会員を目指すといいかもしれません。

スポンサーリンク

スーパーホーダイまとめ

スーパーホーダイは少し仕組みが複雑ですが、たくさんギガを使う方にはとてもオトクなプランです。

2年目からは2,980円となってしまいますが、電話もデータも使い放題なことを考えると十分安いと言えます。

なので、結論としては

平日のお昼と夕方の速度制限

これが耐えられるかどうかだと思います。

1日のうちのたった2時間なので、それならまぁ良いかと許せる方は楽天モバイルは自信を持っておススメできます。

やっぱり速度はどうしても妥協できない、という方はUQモバイルやワイモバイルをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました